AviUtlで動画を簡単作成・編集!複雑なインストールは、この6分間動画で乗り越えろ!

無料動画編集ソフトといえば、Windowsのムービーメーカーが有名でしょうか。驚いたことに、2010からは、PowerPointでも動画が作れますよね。

どちらも気軽に使えてとても便利です。ムービーメーカであれば、複数の動画をつなぎあわせたり、字幕や音楽をつけるといったことができますね。また、PowerPoint(2010以降)であれば、スライドを録画して動画にする…といったことができます。しかし、どちらも簡単なことしかできず、やれることに限界があります。

何でもできる、プロ御用達の動画ソフトといえば、Adobeの「After Effects」や「premiere」でしょうか。使ったことがないのでよくわかりませんが、どちらもとてもお高いです。

Aviutlのここがすごい!

そこで、一番に名が挙がるのが、「Aviutl」です。Aviutlのすごいところを紹介している情報は山ほど存在するので、ここでは、ちょっとだけ。

まず、無料。大事なことなのでもう一度いいます。無料です。そして、高機能。素敵ですね。

わたしのような素人が思いつくことは、たいてい何でもできます。結婚式や文化祭のムービーとか、楽勝でつくれます。それから、ボーカロイドのPVとかでしょうか。かっこいいですよね、千本桜とか。あれも、このソフトを使いこなせれば、おそらく近いものが作れるのではないでしょうか。たぶんですが。。

インストールは、この6分間動画で一撃!

ここが、この記事の本題です。Aviutlでできることか、操作方法なんかはいくらでも出てくるので、必要に応じて探せばいいのですが、インストールが何かとめんどくさそうなんですよね。

どこかのサイトでファイルをダウンロードして、それをなんちゃらっていうフォルダに移動して…みたいな。落ち着いてやれば、決して難しくはないのですが、めんどくさく思えてしまうのは事実です。だけど、インストールの段階で諦めてしまって、このツールを使わないのはもったいない。

そこで、1つ、動画を紹介します。わたしが以前にAviutlを導入したとき、いろいろとサイトや動画をみてみて、一番わかりやすいと感じたものです。6分という短い時間で、Aviutlのインストールから、やっておくべき初期設定までを、とても丁寧にわかりやすく解説してくれています(【AviUtl】『インストール方法』2018年もOK!◾簡単シンプル!無料動画編集ソフトAviUtlダウンロード&導入→初期設定→ショートカット設定→出力一例)。

この動画のとおりに進めていけば、あっという間にインストールと初期設定が完了します。

ここまでできてしまえば、あとはもう使うだけです。Youtubeで「Aviutl 入門」や「Aviutl つくってみた」とか、そのあたりのキーワードで検索してみると、いろいろな情報が出てきますので、そのへんをみながら、やりたいことをやってみるのが良いかと思います。

 

補足

高機能なソフトでありがちなのが、導入したのはいいのだけど、最初に何をしたらいいかわからないという悩み(目的がはっきり決まっている場合はいいのですが。。)。

ということで、わたしがAviutlを導入したときに、とりあえずやってみようということで参考にした動画を併せて紹介しておきます(【AviUtl】初心者用:移動と速度~仕上げ 5分ぐらい vol.3)。

「5分でこんな動画をつくれるよ~」っていうコンセプトの動画です。慣れていないと、さすがに5分というわけにはいきませんが、コツを掴むのには最適かと思います。

補足2

あわせて音声加工もやってみたいという方向けに、ツールの名称だけ紹介しておきます。「Audacity」というツールがあって、これまたとんでもなく高機能なツールです。こちらも、使い方を覚えておくと、できることが広がっていきそうです。Aviutlに比べると、インストールも使い方も簡単かと思うので、こちらもぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です